勤怠管理とブロックチェーンの融合
労働債権流通(ビルコイン)

労働債権流通とは

ブロックチェーンを利用した労働債権の取引システムです

弊社サービス『かえる勤怠管理シリーズ』により蓄積される勤怠データを基盤とし、ブロックチェーン技術を利用した不可逆な記録を通じ、労働者が保有する対価(労働債権)を取引するシステムです。

特許出願中

労働債権流通(ビルコイン)の発行と流通に関する特許を出願中です

特許出願番号:特願2019-83642

【発明の内容】ブロックチェーン を利用した、労働債権取引システム

労働債権流通の仕組み

ブロックチェーン上の労働債権をビルコインとして取引します

打刻・承認により発生する労働対価が労働債権としてブロックチェーン上に記録されます。

債権者(労働者)は該当労働債権を雇用先企業または債権買取企業へ売却することが可能です。

支払日が来た労働債権は銀行向けAPIサーバーへ送られ、振出企業から最終引受企業に振り込むAPIが自動的に実行されます。

お問い合わせ